ポモナファーム×すえよし お振る舞いイベント

 

ポモナファーム×すえよし お振る舞いイベント

伊勢すえよしの二番手を務めさせていただいている田路厳と申します。
今回、すえよしの代表としてポモナファームさんと協力し、イベントを企画させていただきました。

 

まずはじめに今回使わせていただいた三重の食材について紹介させてください。

鯛の煮付け
・友栄水産の伊勢真鯛
三重県の海が育んだブランド真鯛。三重の山に囲まれたミネラルの豊富な海で育ち旬の天然鯛よりも旨み成分が多い。友栄水産のゲストハウス「まるきんまるゲストハウス」では漁師体験もできる。
・コケコッコー共和国の卵
平飼い有精卵にこだわり、鶏がのびのびと運動できる環境で産んだ低カロリー低コレステロールの卵で味が濃い。コケコッコー共和国の鶏焼き屋さんに行くと、なんと卵かけご飯の卵がお代わり自由!!
・ポモナファームのプチぷよ
皮の薄いトマトで、通常のトマトと比べると表面に光沢がありチェリートマトとも呼ばれる。酸味は少なくフルーツのような味わい。トマトが苦手な人でも食べられる。

トマトの冷製すり流し
・ポモナファームのルネッサンス
お尻の尖ったファーストトマトと呼ばれる品種。栽培が難しく幻のトマトと呼ばれる。旨みがすごい。加熱しても生のままでも美味しいスーパートマト。

おにぎり
・多気町のお母さんが作ったお米
とにかく美味しい。東京でこのお米が食べられたらいいのに。
・多気町のお母さん手作りQちゃん漬け
お漬物をおにぎりに添えたい、という相談をしたら家で採れたきゅうりで漬けてきてくださいました。塩分控えめで無限に食べられる。

以上が今回使わせていただいた三重県の食材になります。

 

イベントに夢中になりすぎて、肝心なお料理の写真が…!(笑)

 

紹介させていただいた食材全ての生産者さんにお会いしているのですがみなさんとてもいい人達でした。
実際に顔を会わせた生産者さん達の食材を使う、ということはプレッシャーでもありましたが作り手としてはワクワクもしました。
食材が全部美味しいのは知っていたので味に関しての不安もなかったです。

苦労した点としては、トマトの冷製すり流しで使わせていただいたルネッサンスです。
僕の中で料理の決定よりも先に、「ルネッサンスを使う」ことが決まっていたのですが、どう料理しても美味しいトマトなので何を作るかで悩みました。
結果、今回は美味しいトマトをそのままに近い状態で食べてもらおうと思い、冷たいすり流しにさせていただきました。

今年はお祭りがなくなり、学校のスタートも遅れました。
「楽しいイベントにして子供からお年寄りまで楽しめるような楽しい空間を作りたいね」と、ポモナファームの杉村さんと話をしていました。
なので子供達が楽しんでいるのを見て、やってよかったなあ、としみじみしていました。

これから先、きっとコロナウイルスの影響はしばらく続くのでしょう。
その中で飲食店はどのように社会との繋がりを作ることができるのか、どのように自分の生活を守りながら社会に貢献することができるのか。
一人の料理人として考えるきっかけになりました。

協力していただいたポモナファームの皆様、イベントを任せてくださった大将、そして、何よりイベントに足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。